fc2ブログ

北海道(オホーツク)より釣果報告#02 -興部川の黄金虹 そして…!?-

 久しぶりにまとまった雨が降っているここ仙台。
 ところが…何の因果か、かような天候の折に限って、地区主催の夏祭り(花火大会)が催されると云う(苦笑)。
 昼間は子ども会、夕刻から町内会と、ダブルヘッダーよろしく大人も子どもも多忙極まりない一日になる事が定番でもあります。
 とは言え、町内の仕事は我家の 外交部長 かみさん に任せているので、私は朝からお仕事で外出しておりましたよ(回避)。

 そんな出入りの多い土曜日でしたが…届きましたよ。
 そう、本日届いたのです…北海道からの釣果報告が(ニヤッ)。
 釣果報告を送ってくれたのは、オホーツクの ゆきひろさん
 此度も、コンディション抜群かつ美しいレインボーを引っ張り出して下さいました!
 加えて…なかなかどうして緊張の場面もあった様子。
 アングラーにとっては、考えさせられる局面であろうかと思われますので、お時間のある方はご一読賜れれば幸いです。 
 それでは、早速レポートに参りましょう!



 こんにちは!
 昨日は夕方から仕事があったため、短時間釣行で初めての川になる興部川へ行ってきました(嬉)。
 西興部の外れにある○○から釣り下って○○付近まで下り、途中小さいのと戯れながら楽しんでいると、○○付近でやっと良型がヒット!(※○○はデンキチによる編集)

1sIMG_20170728.jpg
 ↑ これは美しい虹だ!

 やり取りしてる最中に対岸の崖上でガサガサ音がするから見上げたら、なんと熊が!
 熊もこちらを確認したので対岸崖上だし、来ないよなと思いながら魚とやり取りしてたら、崖を降り対岸に降り立ちました(ドキドキ)。
 顔をこちらに向けて歩き始めたから、ヤバいと思いましたが、良型がかかってるしばらしたくない!
 片手に竿を持ってるので、何もできなく、カメラに熊をおさめることもできず、舌打ちをして牽制をすること2分位、諦めてくれたのか、反対を向いて川へダイブして藪に消えてくれました(安堵)。

2sIMG_20170728.jpg
 ↑ 鰭も抜群ですな(嬉)。

 魚はばらさず、しっかりあげました!
 釣り上げたニジマスの顔がキレイなんですよ!
 口のところが金色っぽくなってて!
 大きさは41cm でしたが、引きは強くて面白かったです(嬉)。

3sscreenshot_20170729-14065.jpg
 ↑ 念のため緯度経度はモザイクを掛けさせて頂きました。

 Googleマップ3枚目 ↑ の赤の印が自分で、♥ が熊の位置です。
 熊との距離は20m位、出会うと動けなくなるかなと思ってましたが、意外と冷静でいられました(汗笑)。



 仰る通り、美しい虹鱒でしたね!
 顔廻りのドラド的輝き。そしてレッド・バンド。明瞭な黒点としっかりとした鰭。抜群のコンディションに惚れ惚れします(笑)。
 サイズによらず、美しい魚は嬉しいですよね。記憶の中でも一際色鮮やかに残りますし。

 さて、釣果レポートのサイド・ストーリーですよね(微笑)。
 私は ゆきひろさん のお仕事や社会的お立場から鑑みて ”著しく無茶をされる事はないという前提” を把握できる立場の人間なので、比較的安堵の気持ちを以って通読しておりました。
 ややもすれば、人によっては様々な捉え方ができようかと思われます。
 しかしながら、毎度の如く…長くも抑揚のない拙記事に目を通す、奇特で聡明な読者の皆様にあっては、こういった事例に際しては、穏やかに理解を示して下さると信じております。
 とまれ、オブザーバーとしては、まずは我が身に置き換えつつ想像力を働かせて、今後に生かす事が最善ですよね。
 そういう意味で、良い教材を与えて頂いたと感じるわけです。

kuma_kanki2.jpg
 ↑ 輪吉君も皆さんの安全釣行を願ってます。羆バージョンも作ろうかな(笑)。

 で…状況を俯瞰して眺めると、”釣っている最中” という状況が功を奏したとも言えそうで…。
 云わば、その場に留まって虹鱒とやりとりしていたという状態が、派手な回避行動(走って逃げる等)や無益な刺激を与える行動に繋がらなかったという印象でしょうか。
 また、熊を目視確認した時の距離感(対岸というロケーション)も重要ですし、なにより熊を確認してからも、落ち着いた精神状況を維持できたというのも、 ゆきひろさん の仕事柄というか、平時からの鍛錬の賜物というか…。
 私なら、ドギマギどころでは済まないでしょう(苦笑)。
 いずれにしても、不測の事態を回避できた要因は一つでは無くて、小さな要因が相応に揃わないと回避できないのだと痛感しました。

 さて、目先を少し変えてみましょう。
 あくまでも、東北範囲の情報しか把握しておりませんが…。
 東北森林管理局の発表では、熊(ツキノワグマ)の餌となるブナの結実予測が芳しくないのです。青森県は並作、岩手県は凶作、宮城県は大凶作、秋田県は凶作、山形県は大凶作。
 青森以外は、かなり深刻な状況だと判断するべきでしょう。
 そもそも、開花状況が前年よりも悪化している事を鑑みれば、結実も悪化する事が十分に理解できます。
 故に、秋口にかけては尚更注意が必要になるかもしれませんね…。
 なお、私も情報気持ちを整えてから水辺に立つ事にします。

 北海道のヒグマと本州のツキノワグマを容易に比較・検証する事は慎みたいところですが、環境や季節(天候)等の周辺状況を把握しながら、安全に釣りを楽しまれる事を願っております。
 ゆっきーさん 綺麗な美鱒の写真と、臨場感溢れる教材をどうも有難うございました!
 安全釣行を祈ってますよ!(老婆心満載で御免なさい。)

 Sprout Lures は、渓流を愛する そして 鱒を愛する アングラーの皆様の安全釣行をお祈りしております。


にほんブログ村

にほんブログ村


スポンサーサイト



秋田より釣果報告 #04 -麗しき夏山女 と 閑雅なる山紫陽花 -

 さてさて早速、予定通り 秋田のリバーモンキー はじめさん の2部作・後編に参りましょうね。
 先だっての釣行から数日を経ての単独釣行。
 2時間勝負と短時間だった様ですが、しっかりと良型の夏山女さんと対面を果たされていますね(笑)。
 釣行の詳細は「イチゴイチエ ノ サカナタチ」もご覧下さいね!



 その数日後は県総体応援前の強行出勤。
 「夏⇒虫⇒緑」の安直な発想で、 サニーグラス や 鮎 カラーの出番が多くなってきていますが、 Warhorse でサイトフィッシングを楽しんできました。

IMGP5559.jpg
 ↑ 雰囲気ムンムンの山女さんです。

IMGP5583.jpg
 ↑ 木にとっても過酷な環境。根っ子は土を目指す…。

 岸際や白泡にキャスト、ゆっくり流すイメージでロッドを縦ながらのトゥイッチングに魚たちも我慢できずに飛び出してくれたようでした。

IMGP5568.jpg
 ↑ 黄緑色の鰭…。

IMGP5557.jpg
 ↑ ヤマアジサイ(サワアジサイ)でしょうか…可憐ですね。

 すっかり満足したものの、その後の応援では眠たそうな様子は隠せなかった様で、「疲れてますね」の父兄の声にしどろもどろの返答でした。



 自然豊かなロケーションには、夏山女の姿がお似合いです。
 色味といい、体躯といい、コンディション抜群(嬉々)。
 こういう溪魚が、ルアーにアタックしてきてくれるのだから、それはもう堪らないでしょうね(笑)。

 さて、はじめさん が添付してくださった、涼やかな色味が美しい ヤマアジサイ の写真。まだ咲いているのですね…。
 アジサイと言えば思い出すのが…。

 私の場合は…そうですねぇ、誰もが知っている 新宿御苑 と、山形県は米沢の 笹谷観音堂 でしょうかね…。
 私にとって、前者は都会のオアシスであり、忌々しい梅雨時期の通勤ストレスを解消してくれる希少な存在でした(懐)。
 新宿御苑のアジサイは、6月初旬が見頃だった様に記憶していますが、天候不順の最近は、もっと早いのかな?

 そして後者の笹谷観音堂は、別名 ”紫陽花寺” とも呼ばれる古刹で、参道に連なって咲くアジサイは見事の一言。
 色彩が異なるアジサイの花が、程良い密度で咲き誇る様子は本当に美しいものです。更に、雨降る中で眺めるのもオツなものです。
 何でも、アジサイの花の色ってのは、土壌のPHで変わると聞いた事がありますが、同じ場所に咲くアジサイでも異なる場合があるという事は、きっとPHだけで花の色が変わるわけではないのでしょうね…。

 蛇足ながら、プチ観光情報を。(山形に行かれた事の無い方向け)
 笹谷観音堂のある米沢は、駅弁 ”牛肉どまんなか弁当” は勿論の事、笹谷一刀彫が誕生した土地でもあります。また、上杉家の歴史が詰まった土地柄でもありますので、日本史好きには堪らないでしょう。
 旅行には余り向いていないアジサイの季節(梅雨期)を、彼の地で過ごすというのも大いにアリだと思いますよ(笑)。
 是非、来年の梅雨時期にでも遊びに行ってみて下さい。

 とまぁ…話が脱線しておりますが。
 如何せん、例年の如く、山河に咲く花木を愛でる機会を逸している私にとっては、閑雅な花の写真一枚であっても、妄想・空想を膨らます材料になってしまう今日この頃なのでした。
 此度は、すっかり ヤマアジサイ に慰められました(感謝)。
 
 はじめさん、お疲れのところを押してレポート(写真)をまとめていただき、本当に有難うございました!
 これから更に過酷な状況になるかと思いますが、無理をせずに釣行を楽しんで下さいね。 


にほんブログ村

にほんブログ村


秋田より釣果報告 #03 -難境の渓流を足で釣る -

 今朝になって確認する事になってしまった釣行リポート…。
 昨日は、雨が影響して湿度が高止まりしていたため、夜半作業を遅らせた事が仇になりました(苦笑)。故に、その後の諸々がスライドしていき、メールを確認せずにバタンキューしてしまいました(苦笑)。
 でも、本日は朝から元気ですよ。何しろ我が心の中には、秋田の溪を流れる水と風の音が鳴り響いていますから(笑)。

 さて、2回分の釣行リポートを送って下さったのは、ご存知 秋田のリバーモンキー はじめさんです。
 此度も、沢山の写真を添付して頂いた事もあり、これらを精選するのも難しいので、釣行毎(2回)に分けて掲載させて頂きましょう。
 その方が、写真を多く見て頂けると思いますし(微笑)。
 なお、釣行の詳細は「イチゴイチエ ノ サカナタチ」をご覧下さいね!



 こんばんは。
 昨年と比べて釣行回数は1/3ほど。
 家族には「毎回休みのたびに…」と思われているようですが、今年は熊騒動や子供達の部活に付き合うことも多く、それほど釣りに行っていないようでした。(今までが行き過ぎでした…。)

P7130059.jpg
 ↑ ほんのりとした橙点が堪りません!

 先日、tom先輩 が大イワナを釣り上げた沢と思わしき所に潜り込みましたが、淵は埋まり魚影は少なく散々な結果に終わってしまいました(魚は居るのかもしれませんが反応すらしてくれず)。

P7130019.jpg
 ↑ アップストリーム!アングラーの立ち姿っていいですね。

P7130035.jpg
 ↑ 広角の写真も好きです。人と景色が一体化します。

P7130080.jpg
 ↑ 詰める詰める…詰めた先には堰堤有。

 ここから本流域に移動ですね…。(デンキチ記) 

P7130114.jpg
 ↑ アングラーが仙人だったなら、もはや山水画(笑)。

P7130111.jpg
 ↑ 白腹に銀をまぶしたような美溪魚が!

 そして再び移動…。(デンキチ記)

P7130123.jpg
 ↑ 素晴らしい写真です。湿度や匂いを感じます。

P7130150.jpg
 ↑ ナイス山女!あぁ~釣りに行きたい!

 「次回」は無さそうな沢ですが、忘れた頃にチャレンジしてみたいなとは思っています。



 湿度感じる初夏…いやいや酷暑の溪という方が良いのでしょうか?
 連日30℃を超える気温を示す彼の地を思へば、川選びは勿論の事、釣りのタイミングを図るだけでも苦労すると思われます。

 加えて ”熊” ですよね…。これは気になります。
 特に、秋田では5月27日から「ツキノワグマ出没警報」が発令されています。(因みに、岩手県でも6月21日に「ツキノワグマの出没に関する注意報」が出ている。)
 行政発信の情報は過分な安全を見込んでいると考えがちですが、だからと言って軽んじる事は慎みたいですよね。
 とまれ、こういうトラブルは、機会数に比例して増加してしまう傾向が見られるので、その時々の新鮮で正確な情報(気休めにしかならないかもしれませんが)を得ながら、慎重に行動した方が良いですよね。
 とにかく、安全第一にて。

 はじめさん のブログをご覧になって頂ければお分かりになるかと思いますが、支流から本流、そして再び移動…といった具合に、厳しい状況に変化を与えるべく足で稼いでおられます。
 同行弐人の判断力と機動力を活かして、こういう状況でも溪魚の顔を拝む事ができるのだから流石です(感服)。
 
 私なんぞは、釣行回数云々言える立場ではないのは云うまでもなく、とにかく はじめさん のタイミングで釣りを楽しんで、無事に帰宅していただければ、それが一番。お互い歳も歳ですし、お役目も多い立場ですから(笑)。
 そもそも私なんざぁ、メンバーの皆さんからの釣行リポートを眺めているだけで、釣り座に立った様な気分を味わう術を身に付けてしまっておりますから、ここ1ヶ月以上 川に足を運んでいないというストレスは、お陰様で微塵も感じる事はありません。←究極の他力本願です。
 
 これからの酷暑を考えると、決して無理をなさらぬ様。
 熊の件もそうですが、熱射病や虫・蛇等 留意する事も増えてきますが、気を付けて釣行を楽しまれます様、仙台より祈っております。
 それでは後日、もう一つのリポートをアップさせて頂きます。
 暫し、お時間を頂戴します。
 

にほんブログ村

にほんブログ村


北海道(オホーツク)より釣果報告#01 -幌内にかかる鮮やかな虹-

 一昨日7月4日…北の大地からの届いた熱気溢れるメールには、初夏を彩る虹の様な魚の姿が添付されていました。
 この日は、折しも私の誕生日。
 釣果リポートという思い掛けないプレゼントに、雨天の現場廻りでゲンナリしていた私の機嫌も一気に回復(笑)。
 
 ”北の大地からの便り” と言えば ゆきひろさん です。詳細は、彼のブログ 「ゆきのブログ」をどうぞ。
 去るイトウ・チャレンジの熱闘冷めやらぬうちに、地元の川で大釣りを堪能した様子が伝わってきました。
 それでは、早速リポートを紹介させていただきましょう!



 今日は幌内川で同僚と釣りをしてきました!
 久しぶりに数が釣れて楽しめました。

1s_20170704.jpg

 始終スプラウトルアーでニジマスが出て良かったです!
 デカニジが岸際までチェイスしてきた時は興奮しましたが、結局食わせる事ができなかったです。
 でも、画像のルアー(注1)で 今日1のニジマス を、同僚がやった後の瀬で出せたので、”してやった感” があって楽しめました。
 ※注1 Ardor 80 バルサ製80㎜シンキング 試作ミノー

2s_20170704.jpg

 幌内川はやはり緑色がニジマスには好感触です! 
 しかし、最後の最後でヒットルアーをロストしてしまいました。
 すいません。←気になさらぬよう

3s_20170704.jpg

 やっぱり、ニジマスは楽しいです♪
 あとセミルアーでも2匹出て、いよいよ最盛期に入ってきました!
 誕生日おめでとうございます。



 お陰様で、豊かな気持ちで誕生日を過ごす事ができましたよ(笑)。
 
 さて、肝心のリポートですが、実は動画まで添付してくださったんですね。故に、臨場感溢れる釣りの光景を堪能する事ができました。
 ゆっきーさんの落ち着いたやりとりも素敵(大物とのやりとりが慣れている雰囲気ムンムンでしたよ!)でしたが、私にとっては映像と共に聞こえてくるゆっきーさんと同僚さんのやりとりが良かったぁ…(微笑)。

 撮影をしながらゆっきーさんの方へ歩みを進める同僚さん。
 同僚さん 「でっかい…一投目できました?」
 ゆっきーさん 「一投目…。」
 そしてネットインへ。
 ゆっきーさん 「うわっしょいぃ~!」←気合と歓喜の声ですね(笑)。
 同僚さん 「でかい!いいねぇ~」


 目下、気ままな瞬間単独釣行しかできていない私にとっては、気心の知れたパートナーと交わす会話は、とても新鮮に響いてくるのです。
 同行弐人の釣りもまた味わい深いものですね(笑)。 

 試作モデルの Ardor 80 は、ブランクサイズが80㎜程度(アイ端間だと90㎜)とはいえ、市販のインジェクション・ルアーに例えれば100㎜を超えるサイズのボリュームを持たせたミノーです。
 (Ardor の過去記事はこちらをクリック!
 そいつにアタックしてくるのだから、奴さんも大したものだと(笑)。
 50オーバーでこの太い体躯…。また、鰭も立派…。
 頭から背中にかけての肉の盛り上がりが、いかにも高タンパク・ラブのマッチョ・フィッシュである事を伺わせています(汗笑)。
 いつもの事ですが、北海道の底知れぬポテンシャルを見せつけられた…そんな感じです。

 ゆっきーさん、タイムリーなリポートをどうも有難う!
 動画を撮影してくれた同僚さんにも、宜しくお伝えくださいね!
 それでは、羆に気を付けて、安全釣行を祈っております。
 

にほんブログ村

にほんブログ村


宮城より釣果報告 #02 尺上岩魚 炸裂!

 先週末に届いた速報(写真)には、ランディング・ネットを大きくはみ出たサイズの岩魚が身を横たえていました。
 そして本日、改めて詳細なリポートを寄稿してくれたのは、宮城のエキップ Tom先輩 です。
 近日釣行の詳細がアップされるであろう「ひやみこきの渓流+」も適時チェックしてみてくださいね。



 TS70 炸裂しました。
  泣かず飛ばずでしたが、白泡下から引っ張り出しました。
 -速報メールより抜粋-


 渓流に特化した5cm前後のモデルが多い Sprout Lure の中で、‘16 Germi はサイズ、重量的にはちょっと異色なものでした。しかしそれが奏功して2016 の 50イワナ につながったのです。

 私は渓流(かなりの上流域においても)でも7cmミノー(昔のティレックス)普通に使うよ、と言っておりましたら、デンキチさんより通常モデルよりもサイズアップしたスペシャルなミノーが届きました。
 ネームもTS (tom special) とスペシャルなワンオフモデル。
 恐れ多くてなかなか使う機会がなかったのですが、先日里川でシェイクダウンし、セッティングが通常モデルとはかなり違うことを確認し、期待をして実戦投入しました。
 フックが ST36 #12 ではスローシンキングです。

1sDSC_0908.jpg
 ↑ 先週末に届いた速報写真!

 とある小渓流で、まあロリいじめしてもしょうがないので、潔く TS 縛りで遡行しました。
 しかし減水の渓は遠目から狙わないと手前から走られてポイント終わってしまうので苦労します。というかポイント潰してばっかり(反省)。
 逆に白泡下はイワナもこちらに気付きにくいので、間合いを詰められます。

 抜き足差し足でポイントに近寄り、岩化けで白泡からの開きから攻めます。
 反応がなく???首をかしげながら本命の白泡ポイントへ。
 手前から刻みますがやはり無反応。
 で、核心部(落ち込み)にキャスト。
 沈ませてから流れに乗せ白泡からの流れだしからプリッと泳がせると、おおグッドサイズのイワナがチェイス。
 食わせる距離がないと判断しすぐピックアップ。
 イワナはやる気モードで懐に戻っていったので、さらにカウントダウンしてからリトリーブ。
 出てきた!食いつく間を取るために横へターン。
 ドン!
 「やりい!」 かなり間合いを詰めたやり取りだったので、元気いっぱいのイワナは引きますよ。

 ネットインして流れの緩い岸辺で記念撮影。引きが強いので「40あるかな?!」と思ったら、あら残念。ちょいと足りませんでした。

1DSC_09131.jpg
 ↑ 本日レポートと共に送って下さった写真。何度見てもいいですね(笑)。

 市販モデルの Petal にしろ Freshy にしろ、わりと流速があるポイントで使いやすいタイトウォブリング系ですが、Germi(モデルイヤーにより変わります)や TS は一般モデルと系統が違うわけです。
 具体的には ‘16Germi は白泡下を直撃できる重量(シンキング)とアピール力なわけです。
 つまり白泡というストラクチャーに隠れているイワナの鼻先に届けられるミノー。アクションはタイトウォブリングですがボリュームがあるため全体のアピール力は高いと。
 一方 TS はスローシンキングで、あまり深いレンジまで攻められるタイプではありません。
 反面スローシンキングとあいまってドリフトの釣りもできるミノー。
 しかもアクションは、手ごたえもかなりはっきりしたウォブ系でハイアピール。マリアラ・セグンダ に似ているかな。

 ちなみにカラーはサニーグラスでしょうか。
 グリーンバックオレンジベリー(ヘッドはチャートワンポイント)といかにもイワナ向きな感じ。ワンポイントのチャートが視認性を上げています。
 ハイアピールで泡下から誘い出し、ドリフト&ターンで食わせる釣り方ができるわけです。なので TS とは Temptation Special でもよいのではと思う次第。

2sDSC_09231.jpg
 ↑ 山の収穫は魚だけではなかったみたい(笑)。

 今シーズンは初心に帰り、スプーンとかスピナーとかも引っ張り出して、いろいろ刺激をもらってます。
 まあお気に入りのコンデックススプーンやヤマメスプーン(いずれもコータック)が廃番なので、ロストには気をつけないと。
 TS …ベイトリールとも相性良さそうなので、さらに遊べそうです。
 それはそうとひと雨欲しいですね。



 仔細に渡るリポート、どうも有難うございました!
 実はたった今、先輩からのメールを読ませて頂いたのですが、もう私の雑感なんぞ挟む余地もないくらいです。
 読み進めながら「うんうん」と頷くばかりでしたよ。(もっとも、頷くといっても…当然、理解度は低いと思われます。)
 がしかし、失礼を承知で云えば、自分が作ったルアーを使って頂き、そして釣って頂いて…感想を賜る。それは、修学旅行から帰ってきた息子の話を聴くような心持ちに近似しているのです(笑)。
 ただただ 「うん、うん、それでどうしたの?」って。
 そんな気分になるんです。

 でも、客観的に捉えているんです。ルアー云々ではなくて、やっぱりアングラーの力量なんだと。 
 故に、メンバーさん達のビッグ・ハンティング振りには脱帽(感服)。
 
 因みに、前出の TS70 と言うのは、Sabueso 70/Tom Special の略称で、去るオフに試作したモデル(一本のみ完成に至る)です。
 初めて作ったモデルにも関わらず、ミノーと共にしたためた手紙には、フックによってはサスペンドになる事、そして細いテールの強度が心配だという懸念だけ記し、後は ”先輩任せ” を決め込みました(爆)。
 もはや毎度の事ですね(低頭)。
 
 懸念に関連する実際も上記のリポートにありますね。
 先輩の使用するフックの事を考えて、フラットサイドに拘らず、バルサの体積を増加させれば良かったかな…と感じている次第。
 
1sIMG_4730_201706201709290ae.jpg
 ↑ 左端のフラットサイドのミノーが Sabueso 70 (Tom Special 70)。

 とまれ、このモデルを作った事で色々と分かってきた事もあり、個人的には有意義な時間を過ごせたと感じておったわけですが、その半年後には釣果と言う吉報をプレゼントして頂けたわけで…正に冥利に尽きるの一言。
 「果報は寝て待て」とは良く云ったものです(笑)。

 最後になりますが…。
 何の実績も保証もないルアー(使い勝手も良くない)を預けてしまい申し訳ない気持ちがある一方で、そういうルアーで魚を引っ張り出してくるアングラーの力量をまざまざと見せつけられた…そんな感慨を覚えています。
 そういう力量や懐の深さを見るにつけ、何かしら趣の異なったルアーを作りたくなるというのも本音としてあるわけで…。今後とも Tom先輩 のみならずメンバーの皆さんにはご迷惑を掛けそうです(低頭)。

 Tom先輩 
 此度はご多忙の中、写真を送って頂き感謝申し上げます。
 また、TS の ”別解釈命名” 痛み入ります(笑)。因みに、私もコンデックス大好きです(8gを特に愛用)。
 公私に渡る 仙台~秋田の往復、とても大変だと思いますが、どうか往・復路の長距離運転にはお気を付け下さいませ。
 小生も旅路の安全を祈っております。 



 追記!
 来る7月1~2日の和賀フリーマーケットに、Tom先輩( Woon Craft ) が出展するそうですので、もし行かれる方は、彼のブースも遊びに行ってみて下さい!





にほんブログ村

にほんブログ村


プロフィール

denkichi1968

Author:denkichi1968
仙台でトラウトルアーを作っています。公私の隙間時間が生命線。
「塵も積もって山となる」精神満載の1968年生まれです。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ