スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御案内 ブログの引っ越し 

 既に、ブログを引っ越して久しいのですが、タイミング良く FC2ブログ の管理画面に入れたので、そそくさと引っ越し先の案内をさせて頂きます。
 
 新ブログは デンキチの木片小魚物語 2 です。
 
 新ブログにも SLFAメンバーの釣果レポート 等のリンクを貼る事もありますので、折に触れてご一読賜れれば幸いです。
 相変わらずの内容ですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ※※※
スポンサーサイト

ほふく前進的 リップ装着 & 新しい武器

 昨日(実は数日前から)、FC2ブログの管理画面に入れなくなってしまい、ほぼほぼ諦めモードになっておりました(涙)。
 PCサイドではなくサーバーの問題だと推測されるのですが、たった今、管理画面に入れたので、そそくさと昨夕の記事をアップ致します。
 以前より、ちょくちょく不安定になっていた事もあり、そろそろお引っ越しを考えねば…と考えております。



 ムシムシした一日でした(汗)。
 現場周りを終えて自宅に戻ると午前11時。
 折しも、我が家のささやかなる庭(都合2坪程度)の緑が密集度を増して来ており、何かしら不穏な空気を醸し出しており…。
 そう云えば…かみさんが「暇な時に枝葉払いした方がいいね。」と話していたのを思い出し、ちょうど現場帰りで作業着だった事もあって、汗かきついでに片付けてしまおうと決心。
 でもって、物置から枝切挟や草刈鎌を引っ張り出して、坪庭ジャングルを相手に60分1本勝負とあいなったわけです。

 ところが…いやぁ、失敗しましたよ。
 ものの見事に、脱水症状気味に(苦笑)。現場から戻ってきた時に、水の1杯でも飲んでからやれば良かったんですよね…。
 おかしいな…と感じたのは、視野が狭窄していくような感覚と、脹脛の痙攣でした。もっとも作業は終わり加減だったので、速やかに宅内に戻って水分補給。その後暫く調子が戻りませんでしたよ。
 薄曇りで湿度の高い日って、油断ならないですね。
 皆さんもお気を付け下さいね。
 


 そんなこんなの土曜日でしたが、復調してからルアーの方も手掛ける事ができました(苦笑)。
 メインは勿論 Petal のリップ装着。作業可能時間の都合で、半ダースだけですが前進させる事ができました。

1sIMG_9086.jpg
 ↑ 直立姿勢で待機。

 夏になる度に書いている様な気がしますが…。
 2液のエポキシの硬化が早まりますよね(苦笑)。
 故に、いつも以上に小出しに混合して、都度フレッシュな状態で接着させるようにしております。
 まぁ、気泡抜きのために炙りますし…。
 やっぱり小出しは必至ですね。

2sIMG_9090.jpg
 ↑ 装着後は腹筋トレーニング。

 明日は、ラストの半ダースにリップを装着。
 じわじわ…とですが、確実に仕上げに近づいております(汗笑)。
 後は、しっかり養生させると。
 明後日頃にはリリースのスケジュールがはっきりするはずなので、当ブログにてお知らせできるかと思います。
 今暫くお時間を頂戴いたします。



 新しい武器の話を。
 去るイベント(過去記事はこちら)を経て、ようやくチャレンジする決心がついて注文する事にしたハイス鋼の彫刻刀。
 で…昨夕になって兵庫の三木から届きましたよ。
 そう、道刃物 さんですね。

3sIMG_9074.jpg
 ↑ 仏手の掌に当ててみました。よく切れるとは思います。

 此度注文したのは、ハイス鋼の諸刃薙刀(もろはなぎなた)と、青紙2号の平刀の曲げ の2本のみ。
 やはり研ぐのに集中を要するタイプの彫刻刀でハイス鋼の 切れ味 & 長切れ を試してみようという目論見です。
 研ぎに苦労しない印刀や平刀は、青2でOKというわけですね。

4sIMG_9097.jpg
 ↑ 硬めのエゾ松でも試し切り。

 昨夕届いたので、まだ本格的に使っていませんが…。
 試し切りしてみた感じでは、やっぱり材料に刃を当てた印象が硬いんですよね。材料に負けない感じがかえって怖いと。
 恐らく、ケミカルウッド等の様に、比較的均質で硬い材料の加工には能力を発揮することでしょう。躊躇なく削っていけそうな気がします。
 まぁ、そもそもハイス鋼が使われているツールや場面考えれば…ねぇ。なんてったって ”高速度鋼” だから(笑)。
 やっぱり、適材適所に越した事はないと考えた次第。

5sIMG_9070.jpg
 ↑ キングの仕上げ・中研の一面を彫刻刀用に改造中。

 少なくとも、仏像彫刻等で使う檜の様に、正目で柔らか目の素材であれば、青2の方が扱いやすい…と云うか、相性が良いと云うか…。
 今の処、私の感想は ”そこ止まり” です(苦笑)。

 徹底的に使い倒した先に、何かしら違う感想が湧きあがってくる事を期待しているのですが…どうでしょうか。
 混迷が深まりつつありますが、先に入手している青紙スーパーの彫刻刀と合わせて、砥石の相性を見極めていこうと考えています。


にほんブログ村

にほんブログ村


10世紀前に生きた人々の創造と産物

 急転直下の ”梅雨明け宣言” 。
 「えっ!これで梅雨明け?」といった空模様の本日。
 予てより鑑賞する事にしていた「空海と高野山の至宝展」へ向かいました。

 大規模とは言えない展示スペースに比して、その内容は…高密度。
 非常に見応えがありました。

1sIMG_9067.jpg
 ↑ 制托迦童子像 運慶作 前期展示で拝めず(涙) -本展記念書籍より-

 朝一番に愚息の行事絡みで運転手を勤めた後、彼の目的地に近接した仙台市博物館に立ち寄りました。
 正に、この機会を狙っていたわけで(汗)。もはやお盆前の声が聞こえてくると、こういうタイミングで捻じ込むしかないのです。


 平日にもかかわらず、連日のCM効果もあいまってか、程良い客入りである事が見てとれました。
 彼の地 高野山に詣でたとしても、当たり前に鑑賞できる至宝では無い事から、その機会的な希少性も加わって、老若男女の興味を刺激したのではなかろうかと思われ…(笑)。
 まぁ、昨今の歴男・歴女を筆頭に、ちょいと毛色の変わった筋では刀ブームだとか、はたまたパワースポット巡りが転じて御朱印ブームなんて趣味も流行っている様ですし(笑)。
 そういう意味では、多少 ”渋い企画” であっても、時々の空気と内容次第では集客できるという事なのでしょうね。

2sIMG_9053.jpg

 この展覧会で鑑賞したかったものは数多ありますが、「この機会を逸したら死ぬまで目にする事はないであろう。」と考えていた仏像・仏画を見る事が叶いました(喜)。
  
 その一つが 諸尊仏龕 (しょそんぶつがん) 通称 枕本尊。
 これまでも、所謂 写し (模造)は目にしてきました。
 その折に感じた処理しきれない違和感を何とか崩したかったわけですが…、実際に目の前に鎮座する 諸尊仏龕 は、想像を超えて素晴らしい御本尊でした(感涙)。
 空海が片時も離さず持っていたという逸話も頷けました。

3sIMG_9066.jpg
 ↑ 諸尊仏龕 7~8世紀 -本展記念書籍より-

 また、写真や模造品でしか見た事のなかった 両界曼荼羅 も。
 これが8~9世紀に存在していたわけで…。
 細に入り、密に入り…とはこの事かと(絶句)。
 近代に作られた模写・模造品よりも細密でした。 

4sIMG_9065.jpg
 ↑ 板彫両界曼荼羅 8~9世紀 -本展記念書籍より-

 細密と云えば、突出していたのが 浮彫九尊像
 こちらは、前出の曼荼羅よりも後年になりますね。10世紀から11世紀…所謂 平安期になるわけですが、時代を経た分、技量は勿論、仏像の表現にこなれた感が滲み出てきています。
 阿弥陀三尊不動明王大威徳明王四天王の九尊が、ビャクダンという洋木に緻密に彫られています。
 それはもう…圧巻。
 正に 米粒写経状態 でした(笑)。 

5sIMG_9061.jpg
 ↑ 浮彫九尊像 10~11世紀 -本展記念書籍より-

 圧巻と言えば、展示冒頭の空海像もそうですが、此度の展覧会における華と言えば、密教の仏像たち と云う事になるでしょう。
 その中にあって、国宝 八大童子立像 は際立って見えました。
 これらの童子は、10世紀前後の仏像との異なりは当然の事としても、21世紀の人間を圧倒する表現を成し得ているのは、やはり 作者(製作に関与した)の 運慶 が放つ凄みとしか思えず…。
 それは、8体の内2体が南北朝時代に再製作された事を鑑みれば、その出来栄え(存在感)に差があるのも頷けるわけで…。

 運慶が活躍した時代は、空海が持ち帰った密教世界の仏を形にする事に習熟した時代と言い換えられるかもしれません。
 がしかし、こと 運慶 の図抜けた表現力と存在感に触れて覚える畏怖の念は、宗教的なそれとは明らかに異なり、ただただ圧倒された先にある一つの感情なのでした。  

6sIMG_9068.jpg
 ↑ 恵光童子像 運慶作 -本展記念書籍より-

 他にも見どころは沢山ありました。
 空海の云われが残る 鈷杵(こしょ)も目を見張りましたし、空海が筆を走らせたとされる書も素晴らしかったですね。
 お世辞にも広いとは言い難い空間で、よくぞここまで展示できたな…と感心しきり(笑)。もっとも、それが故に、前期・後期で展示物の入れ替えを要したわけで…。あえて遺憾に思うところがあるとすれば…それだけかな(寂笑)。

 とまれ、結構な時間を過ごさせて頂きましたよ。
 気付けば、幾度も童子像の周りを徘徊しておりました(恥笑)。まぁ、仏像の背後まで見れる機会は滅多に無いですから…。
 展覧会の最後に売店に寄って、自分用のお土産品を所望。
 定番の 展覧記念書籍 と毎度お馴染み 手拭 ↓ をば。 

 さて…。 
 本展は、東日本大震災復興記念 特別展 と題された展覧会だったので、何ら特別な関係性がないにも関わらず、震災復興的主旨だけで催された展覧会なのだと捉えておりましたが、記念書籍 ↓ を購入して斜読みしてみたところ、全く無関係では無い事が分かりました。

 高野山と伊達家との関係(高野山における数々の寄進や墓碑等の存在)は勿論ですが、職業柄 琴線に響いたのは下記。

 彼ら紀州大工は、応其のもと高野山や京都で多くの大規模作事に携わったと考えられており、おそらく慶長年間の日本ではその技量・経験ともにトップクラスの工人組織であった。慶長8~9年頃には豊臣氏や応其の動向と対応するように紀州大工による作事も縮小に向かったと考えられ、この頃に刑部左衛門らが仙台へとヘッドハンティングされた可能性が高い。新しい国づくりへと向かっていた仙台藩側からすれば、この上ないタイミングであったといえるのではないだろうか。
 -展覧会記念書籍 P155より引用-



7sIMG_9058.jpg
 ↑ 記念本と高野山の般若心経手拭をば

 この 刑部左衛門 という名前を聞けばピンとくるのが、仙台市の八幡町に鎮座する 大崎八幡宮 の造営です。
 また、風光明美な景観で名高い松島にあって、名所旧跡の一つに数えられる瑞巌寺というお寺があります。
 このお寺で使われた主要な材料の多くが紀州熊野の木材である事が記録に残っています
 僅かな史実を鑑みただけでも、遠く離れた紀州との繋がりが、けして薄いものではなかった事が伺われますよね…。
 ※当然、これらの事も本書籍に明記されておりました。

 一言では表現し切れる事ではありませんが…。
 私自身も、市井に生きる人間として…、社会の周縁に立ちそして歩く人間として…、間違いなく歴史の一端を作っているのかもしれない…と不遜にも考えてしまいました。 
 これからも脇道を トボトボ と歩いていこうと思います(笑)。


にほんブログ村

にほんブログ村


プロフィール

denkichi1968

Author:denkichi1968
仙台でトラウトルアーを作っています。公私の隙間時間が生命線。
「塵も積もって山となる」精神満載の1968年生まれです。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。